HOME>採用情報

求む、未来の経営者

Scroll

社員全員、経営者。

グループ経営の根幹を担う「寿スピリッツ」。社員全員が経営に参画する少数精鋭の会社です。

寿スピリッツは、18社からなるグループを率い、食品の総合プロデュースをめざす「純粋持株会社」です。各グループ会社はお菓子をメインに製造・販売・店舗運営などの事業を展開していますが、グループの中核を担う私たちには定められた事業はありません。あえて言うのであれば、「喜びを創り喜びを提供する」という経営理念を具現化するために、世の中にこれまでなかった新たな価値やビジネスを生み出していくことです。ひと言で新しいコトといっても、その領域は新ブランドの立ち上げ、店舗プロデュース、マーケティング企画、販路開拓、メディア戦略の立案、新商品開発など多岐に亘ります。それら一つひとつでイノベーションを起こすため、寿スピリッツには1つの約束事があります。それは「全員が経営に参画すること」です。ここで言う経営とは、ひとり一人が将来ビジョンを持ち、自らの仕事を創り出すこと。あなたもぜひ、寿スピリッツで本物の経営に参画しましょう。

20代で経営体験。早すぎることはない。

経営とは、いかに「自分事」にできるか。仕事とは、自ら創り出すものである。

代表取締役社長 河越誠剛 Kawagoe seigou

寿スピリッツはお菓子メーカーではありません。独自のマーケティングとブランディング戦略を武器に新たな価値を創造する、総合プロデュース企業です。そして現在、業界全体の売上がほぼ横ばいの中、東証一部上場を果たした一大企業グループです。しかし、私たちのビジョンはもっと先を見据え、会社も、人も、さらなる「成長」をめざしています。そのためには、既存の固定観念にとらわれることなく、未知なる領域に踏み出していくことが必要です。とくに寿スピリッツは、各グループ会社の道標となる成長スタイル・ビジネスモデルを創り出し、シンカ(深化・新化・進化)し続けなければなりません。もちろん、前例はありませんし、誰かが与えてくれるものでもありません。だからこそ、論理的思考力、マネジメント力、人間力…あらゆる力を駆使し、あなたが創り上げていかなければならないのです。一般的にこれらは、管理職など一部の経営陣の仕事かもしれません。しかしながら、寿スピリッツは「全員参画型経営」です。指示待ちは許されません。目に映る全てを吸収できる20 代に当事者意識を持って日常的に経営について体験することは、10 年後、あなたが見る景色を大きく変えることになるでしょう。

ゼロから生み出す非常識、大歓迎。

「新ブランド」「新店舗」「新商品」…。新しいコトはいつも変わることを恐れない 強い信念から生み出される。

人は変化を嫌います。しかし、「いまのままで良い」と思った時点でシンカは止るのです。
新ブランド・新商品・.新ビジネスなど、あらゆる「新」を生み出す私たちは、現状に甘んじず常に挑戦することで、
お客様に驚きと喜びという「価値」を提供し続けています。

マーケティング統括本部

織田 謙一

皆さんは、いわゆるアイスクリームのケーキ、『アントルメグラッセ』をご存知でしょうか。スイーツ文化に新ジャンルを創造したい!という念いから、美味しいケーキを突き詰めた究極のスイーツ、アントルメグラッセ専門ブランド「GLACIEL(グラッシェル)」を立ち上げました。日本初ということは、前例も、参考事例もありません。例えば、駅の催事で販売する場合、ケーキ用の冷蔵ケースはありますが、アイスを保存する冷凍ケースはありませんでした。また、珍しいだけでも、おいしいだけでも売れない時代に商品の魅力をお客様にどう伝えていくべきか…。新ブランドを生み出すということは、単に奇抜なアイデアが必要なのではなく、製造から販路、価格設定、ブランディングまで、一つひとつで新しい方法を積み上げていかなければいけないのです。

マーケティング統括本部

清水 直人

私はいま、福岡天神大名地区で成功したフレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」の渋谷店を立ち上げ、その運営に携わっています。
福岡で人気だから、既存ブランドだからといって、渋谷店で成功する保証はありません。Ivorishというブランドが確立されようとしているいまだからこそ、待ちのスタンスではなく、より積極的なブランド発信が必要になるのです。しかし、日々新しいブランドやサービスが出てくる市場で、発想の古いモノは必ず淘汰されます。私自身もまだ答えは見つかっていませんが、これまであまり観る機会のなかったお昼の情報番組を録画し女性が注目するトレンドを探ったり、SNSやリアルタイムメディアを利用した斬新なプロモーションを模索。ありとあらゆる分野から新しいものを吸収し、新たな価値の創造に努めています。

販売事業推進統括

平見 武士

私の前職は、外食産業の営業を統括。商談などを通じ、多くの企業と接する中で、成長企業に共通するある条件を見つけ出しました。それは、企業理念がぶれないこと、そして全従業員に浸透していることです。会社が成長するには、常に挑戦し発展し続ける必要があります。その挑戦の判断基準となるのが企業理念だと考えています。寿スピリッツでいうと「喜びを創り喜びを提供する」です。もちろん、会社が成長することは、私たちひとり一人が成長することと同じです。ただし、新しいコトに挑み、生み出すときは、誰もが迷ったり、行き詰まったりします。そんなとき私は、「なぜ」を5回くり返します。3回だと過去の習慣にとらわれ、斬新なアイデアに辿りつけないから。そして、企業理念と照らし合わせ成功の可能性を高めていくことを常に心がけて仕事に取り組んでいます。

健康事業推進室

椙田 圭輔

寿スピリッツは、健康食品事業などお菓子以外の新たな事業領域へも進出しています。寿グループの行く末を大きく左右する健康食品事業をどのように軌道にのせるか、さらには軌道にのせた後に必要なものは何か…など、課題は山積み。新事業の立ち上げという枠を越え、起業することはこういうことなのか、と実感させられる日々を送っています。しかし、私は必ずやり遂げます。なぜなら、この事業はただの健康事業ではないからです。「藍染め」など日本で古来より使われてきた伝統である「藍(Japan-Blue)」を、健康と美容という新たな視点で未来へと受け継ぐ使命を担っています。伝統を守るということは、伝統を発展させ、革新するしかありません。つまり、全く異なる魅力で世界に発信するこれまでにない事業なのです。

“おいしい”に国境なし。

文化が違う異国の地での「海外展開」。成功の鍵を握るのは“おいしい”と感じる想いを世界中の人々と共有すること。

日本と海外では、文化や風習、さらにはビジネスの在り方も異なります。
しかし、私たちの使命は変わりません。お客様の喜びを創り、喜びを提供すること。
寿スピリッツでは、世界を舞台に新たなマーケットを創出し、海外においても国内以上のクオリティを提供していきます。

社長補佐

大岩 賢太

私はいま、中東向けの新規OEMビジネスの構築を行っています。現地視察に行った際、予想以上に参入障壁や貿易リスクがあり、同行した社長からも、「ビジネスとして成立しない」と言われました。しかし、帰国後すぐに違う可能性を模索。なぜなら、可能性は0ではないと感じていたからです。何度も足を運び、現地企業と商談を繰り返すことで、なんとか期待のできるビジネス構想を創り上げることができました。一見すると、無謀、ワガママと思われるかもしれませんが、参入が難しく他社が行わないからこそ、チャンスがあるのです。仕事では、「1を100に高める」ことを目的にする場合も多くありますが、「0から1を生み出す」ことこそ、私の仕事でもあり、価値であるという信念を持って取り組んでいます。

海外戦略室

桜田 忠弥

LeTAOブランドは、台湾を中心に、定期的に海外の百貨店で催事を行っていました。しかし、その実態は商品を供給するだけで、売場や接客は現地の専門業者に任せ切り。海外への輸出は、関税や輸送コストのため、ただでさえ日本と比べ割高になるのに、売り方を含め「海外だから仕方がない」といった妥協が私には許せなかったのです。そこで、全てのやり方、仕組みの一切を変えました。最後にお客様の手に商品が渡るまで、一つひとつの接点を大切にし、コミュニケーションを重視した付加価値を提供することにしたのです。海外進出は、単に「海外で買えるようになった」だけでは、一過性のブームで終わってしまいます。なにより海外のお客様にも喜びを感じてもらえなければ、意味がないのです。

マーケティング統括本部

田原 志朗

新規事業やブランドを立ち上げる際には、どのようなコンセプトで実行するかなど、マーケティングやブランディングを駆使した戦略が重要になります。こうした戦略を企画立案するのが私の仕事。新しいビジネスには、新しいアイデアが求められますが、都合良くひらめくことはありません。北海道にあるスイーツカフェ「KONAYUKI」の台湾出店にも携わりましたが、台湾に何度か足を運び、現地の情報や習慣などをインプットすることからはじめました。とくに企画などクリエイティブな要素を必要とする時は、イチ消費者でもある、という自然体の自分を大切にしています。だからこそ、現地を訪れ直に感じるのです。これからも、より多くの体験と直感を磨き、事業を拡大するためのアイデアを創造したいと思います。

東証一部、200億円企業の先導役に、補欠なし。

入社1年目から250%成長達成を担う「経営企画」に携わる。それは、信頼の証でもあり、あなたを育てる自信でもある。

寿スピリッツは、この10年間で売上170%の成長を遂げています。攻めの事業展開には、確固たる経営基盤が欠かせません。
その経営の羅針盤を担うのが経営企画部。入社1年目から経営会議に参加できるなど、高いレベルで経営感覚を学べる環境が整っています。

経営企画部

松本 真司

めまぐるしく変化している市場環境下において、寿スピリッツグループが、10年後、100年後と持続的成長を遂げるためには「強固な経営基盤の構築」と「新成長戦略の立案・遂行」が急務になっています。私自身、純粋持株会社体制化や東証上場準備プロジェクトに携わった経験を通じて、常に課題を洗い出し、見直し・改善を進めていくことによる、社内管理体制の充実とコーポレートガバナンスの強化の重要性に気づかされました。今後は、寿スピリッツだけでなく、グループ各社への貢献に向け、グループ経営指導機能のレベルアップをめざしていきます。

経営企画部

石原 真須美

寿スピリッツでは、志事(仕事)はひとり一人が輝くステージだと考えています。新入社員でもそれは同じ。それぞれが主役なのです。私自身も、グループ全体の財務・資金状況の把握、経営企画の策定・実行管理、IR業務など、経営の根幹をサポートする経営企画部に所属し、日々自分の成長を感じながら業務に取り組んでいます。もちろん、お金に関わること、会社の信用に影響を与える業務なので、プレッシャーもあります。しかし、自ら創意工夫し業務改善を行うことで、志事はシンカし、楽しめるようになるのです。大きな志事に携わる、そのやりがいを胸に、今後も成長していきたいと思っています。

経営企画部

舩越 英男

連結決算やIR、グループ会社の経営管理、健康食品会社の決算など、さまざまな業務に携わっています。その中でも、「企業価値の最大化」については、常に意識して取り組んでいます。決算や経営管理業務というと、どうしても数字を扱う業務をイメージするかもしれませんが、私の志事の先にも、しっかりと「お客様」がいるのです。そしてなにより、企業価値を最大化することこそが、寿スピリッツに関わるすべての方への最大の還元だと考えています。経営企画部は、最前線で戦う事業をサポートする役目。自らがグループ全体の経営に少しでもプラスになるように今後も取り組んでいきたいと思っています。

社長×新入社員対談

寿のホンネ。

入社1年目から経営に参画するのが寿スピリッツのスタイル。実際に働く先輩たちが
この1年で何を感じ、何を学んだのかを社長との対談を通じて紹介します。

代表取締役社長

河越 誠剛

入社1年目

堀瀬 雄大

現在は、現場力強化をめざし、催事改革のプロジェクトリーダーとして活躍。

入社1年目

李 定勲

グループ内情報の共有化を図るとともに、入社1年目でありながら人材採用・教育も担当。

河越 誠剛
入社してようやく1年。2人にとってはどんな1年だったかな。
堀瀬 雄大
充実した毎日を送っています。大変なことも多いですが、とにかく仕事を任せてもらえるのが嬉しくて、日に日に仕事が面白くなっています。
李 定勲
私は学生時代に起業したいと思っていました。もちろんいまも、その気持ちは変わらないので、全ての物事を経営者としての観点で見るようにしています。“自分ならどうするか”という当事者意識ですね。大学を卒業してからの起業よりも、それ以上の経験と勉強ができる環境で仕事しているので、非常にやりがいもあるし、楽しいです。
堀瀬 雄大
確かに、寿スピリッツでは入社1年目から責任ある仕事ができるのがいいですよね。
仕事の話を誰かとするとき、聞くのは愚痴が多いですが、私は楽しい話ばかりしています。
河越 誠剛
他の会社では二十数年かけてやることを20代で経験すれば、それだけ成長スピードも早いはず。2人だけではないけれど、社員全員の今後にはすごく期待しています。
李 定勲
仕事として、0から1を創る。つまり、“自分で仕事を創る”のは、非常に珍しいと思います。寿スピリッツの大きな魅力であり、特徴ですね。
堀瀬 雄大
そうそう。私がいま担当しているのは、LeTAOの催事の現場力強化。主力ブランドの多店舗展開の際にブランド力も同時にアップできるように、社内に新たな部署・ポジションを創っています。実はこれ、入社前の内定時期に寿スピリッツグループの課題として提案したもの。自分が提案したので、プロジェクトリーダーになるのは当然ですが、「ここまで任せていただけるのか」と、いい意味で驚きましたね。
李 定勲
私が携わっている、幹部候補生の採用・教育も同じですね。やっぱり会社は人が創るものだと思うんです。その人材をいかに発掘し、グループ全体の成長につなげていくかが重要だと感じたので担当させてもらいました。もちろん、私は人事部ではありませんが、1年間で100人以上の学生と会いました。経営において、“人”という分野は非常に大事だと思っているので、とても貴重な経験と勉強になると思っています。
河越 誠剛
少し大きな話になりますが、一度しかない人生で、どう生きるかはとても大切なこと。しかもその中で、仕事に関わる時間はとても多いのです。だからこそ、時間をムダにせず、あと1歩、もう1歩とやり抜くことが大事なんです。
堀瀬 雄大
既存のルールを新入社員が変えることは、必然的に批判や反感を浴びることにつながります。しかし、本当の意味でお客様に喜んでいただけることを追求することで、社員全員も幸せになれると信念を持って取り組んでいます。
今後さらに多くの人を動かすために、伝える力を高めたいです。
李 定勲
私の場合も、寝る前にいつも一日を振り返り、反省しています。もっとこうすれば良かったのではないか、もっと良い方法はなかったのかなどと、自分を成長させるために毎日自分としっかりと向き合うようにしています。
経営者とは、人としても優れ、ビジネス能力としても長けていることが重要になります。私自身はまだまだだと思っていますが、寿スピリッツで仕事を創りながら、自分の仕事の意味を問い続けたいと思っています。
「やらされている」仕事をしていては、いつまでたっても経営者にはなれませんからね。
河越 誠剛
経営力とは、いかに当事者意識を持って仕事に取り組めるかということでもあります。さらに、自分ひとりでは会社は動きません。だからこそ、人を動かす伝力(伝える力)が必要になるのです。2人とももっと仕事の中心になって、自らやって見せ、やり切る力を身につけて欲しいと思っています。
河越 誠剛
2人の後輩になる皆さんも、ぜひ寿スピリッツで力を存分に発揮してください。その舞台を用意して待っています。
続きを読む

寿スピリッツが率いる寿グループとは?

社員全員で18社・約1,900名の未来を担っています。

寿スピリッツグループは、経営の中核を担う寿スピリッツ(純粋持株会社)と子会社18社で構成されています。「喜びを創り喜びを提供する」という経営理念の具現化に向け、「高い価値の創造」をテーマに美味しさ、品質に徹底的にこだわり、「地域特性」と「専門性」を追求しています。また、地域の特性を活かしながら多様なプレミアムスイーツを提供し、お客様も、従業員も、すべての人が幸せになれる高利益企業をめざしています。

日本全国に広がるグループ会社

北海道・東北
株式会社ケイシイシイ
製造・販売拠点
関東・東海
株式会社シュクレイ
販売拠点
純藍株式会社
健康食品事業
株式会社フランセ
製造・販売拠点
株式会社ひだ寿庵
販売拠点
株式会社東海寿
販売拠点
株式会社三重寿庵
販売拠点
近畿
株式会社寿庵
販売拠点
株式会社寿香寿庵
製造・販売拠点
株式会社但馬寿
販売拠点
中国
株式会社せとうち寿
販売拠点
株式会社寿堂
販売拠点
寿製菓株式会社
製造・販売拠点
株式会社ケーエスケー
損保代理店
九州
株式会社花福堂
販売拠点
株式会社九十九島グループ
製造・販売拠点
南寿製菓株式会社
販売拠点

海外に展開するグループ会社

台湾
台灣北壽心股份有限公司

事業系統図

会社概要

商号 寿スピリッツ株式会社(東京証券取引所市場第一部)
設立 昭和27年4月25日
本社所在地 〒683-0845 鳥取県米子市旗ケ崎2028番地
TEL (0859)22-7477 FAX(0859)22-7463
東京本部 〒107-0061 東京都港区北青山1丁目2-7
コウヅキキャピタルイースト7F
TEL (03)6698-2788
資本金 12億1,780万円
代表取締役社長 河越 誠剛
グループ会社 製造子会社4社・販売子会社11社・その他3社 計18社
従業員数 約1,900名(連結ベース)

経営理念

喜びを創り 喜びを提供する

寿スピリッツグループは、「喜びを創り喜びを提供する」を経営の基本理念に、これをすべての事業活動の指針として、地域社会に貢献する企業集団として事業活動を行っております。

グループビジョン

全国各地のお菓子のオリジナルブランドとショップブランドを創造する

「お菓子の総合プロデューサー」

基本ポリシー

今日一人、熱狂的なファンを創る

私達は、経営理念の実現に向け、「今日一人、熱狂的なファンを創る」ことを基本ポリシーに、従業員一人ひとりが当事者意識をもって経営に参画する「全員参画の理念経営」の徹底実践により活力ある魅力溢れた企業集団を創り、「高い価値を創造」する高利益企業をめざしております。

経営方針

WSRワールドサプライジングリゾート宣言

世界へありえないほどの驚きの非日常(超感動)を提供する。

財務情報

売上高

営業利益/営業利益率

経常利益/経常利益率

純資産/総資産/自己資本比率

沿革

1952年4月 (昭和27年)
鳥取県米子市角盤町に寿製菓株式会社を設立し、飴菓子等の製造を開始。
1959年4月 (昭和34年)
観光土産菓子部門に進出。
1968年11月 (昭和43年)
銘菓"因幡の白うさぎ"を発売し、観光土産用菓子の高級化に取組む。
1972年4月 (昭和47年)
石川県加賀市に株式会社コトブキを設立。その後西日本を中心に販売子会社を順次設立し全国に販売網を広げる。
1979年5月 (昭和54年)
現在地(鳥取県米子市)に本社工場を新築移転。
1987年3月 (昭和62年)
兵庫県美方郡新温泉町に株式会社但馬寿を設立。
1988年 (昭和63年)
地元特産の果物を使い、その土地限定で販売する『草冠のない菓子=果子』をコンセプトに、他社との差別化展開を図る。【旅の味覚の演出家】
1993年4月 (平成5年)
鳥取県米子市に製造工程を見学できる大型販売施設『お菓子の壽城』を設置。
小売事業に本格着手。
1994年11月 (平成6年)
ジャスダック上場。
1996年4月 (平成8年)
北海道千歳市に株式会社コトブキチョコレートカンパニー(現株式会社ケイシイシイ)を設立し北海道へ本格進出。製造拠点としてチョコレート、ラングドシャのアイテムが加わる。
1998年6月 (平成10年)
創業100年老舗商標を譲受け、東京都中央区に株式会社つきじちとせを設立。東京和菓子ブランド展開に着手。
北海道小樽市に株式会社ケイシイシイが『小樽洋菓子舗ルタオ』を設置。洋菓子小売専門店立上げ。
2005年2月 (平成17年)
営業譲受けにより株式会社九十九島エスケイファーム他3社より菓子の製造・販売事業を継承し、株式会社九十九島グループスタート。
2006年10月 (平成18年)
寿スピリッツ株式会社に社名変更、会社分割により純粋持株会社体制に移行。
2011年12月 (平成23年)
東京都港区に株式会社シュクレイを設立。
2012年1月 (平成24年)
株式会社つきじちとせが、株式会社シュクレイに事業の一部を譲渡し解散。
2013年4月 (平成25年)
東京証券取引所市場第二部に上場。
2013年7月 (平成25年)
台湾台北市にルタオプロデュースによるカフェ「KONAYUKI」をオープン。
2014年4月 (平成26年)
東京証券取引所市場第一部に上場。
2014年9月 (平成26年)
東京都港区に機能性食品の企画販売を行う純藍株式会社を設立。
2016年1月 (平成28年)
株式取得により株式会社フランセを子会社化
続きを読む

主力商品

ドゥーブルフロマージュ
LeTAO

因幡の白うさぎ
寿製菓

とち餅
お菓子の壽城

ソルト&カマンベールクッキー
東京ミルクチーズ工場

九十九島せんぺい
九十九島グループ

神戸クリームチーズケーキ
コンディトライ神戸

新業態店舗

寿スピリッツ 募集要項

職種
グループ経営幹部候補(マネジメント職、プロフェッショナル職)
キャリアルートと役割イメージ

以下の役割等級内での人事評価に基づく昇給及び昇格によるキャリアアップ

① マネジメント職
将来の経営マネジメントを担う幹部候補者(グループ会社含む)
役割グレード 役割イメージ
4等級 主要事業会社において戦略上重要な機能を管轄する立場で最上位組織を統括・指揮し、当該事業会社はもとより当社グループへの業績にも大きな影響力を持つ。
3等級 主要事業会社において戦略上重要な機能を管轄する立場(部門レベル)で組織マネジメントを行い、当該事業会社および所属する部門の業績に大きな影響力を持つ。
2等級 主要事業会社で戦略上重要な機能を管轄する立場で組織マネジメントを行い、所属する部門の業績に影響力を持つ。
1等級 主要事業会社における主要戦略目標の達成に向け、戦略の策定、テーマの立案及びその遂行に関わりを持ち、所属する部門の業績に影響力を与える。
新卒~担当
② プロフェッショナル職
将来の新規ビジネス、新ブランド、海外ビジネスの企画開発及び事業化の推進、M&A、経営企画、コーポレートの広報、法務、人材マネジメント等を担う高度専門職人材
役割グレード 役割イメージ
4等級 極めて高い専門性をもって、前例のないアイデア又は革新的なアプローチにより、当社グループの企業価値を高める。
3等級 役割に必要な専門性をもって、当該事業会社および部門レベルの業績に強い影響を与える。
2等級 役割に必要な専門性をもって、部門レベルの業績に強い影響を与える。
1等級 役割に必要な専門性をもって、所属部署の業績に影響を与える。
勤務地
東京、大阪、福岡、北海道
初任給
初任年俸額500万円(1等級時間外手当てを含む)
4等級年俸額イメージ(900万円~1,200万円)
諸手当
残業手当、通勤手当
昇給
年1回の人事評価に基づく等級内昇給及び役割等級アップに伴う昇給昇格
休日休暇
年間105日(年間カレンダー)、年次有給休暇、慶弔休暇
福利厚生
社会保険、従業員持株会(10%の奨励金)オフサイトミーティング助成金制度
採用フロー
  • エントリーフォームより必要事項を記載の上エントリーしてください
  • 追って、担当者からご連絡させて頂きまして、面接の設定をさせて頂きます。
  • 1次選考
  • 2次選考
  • 最終選考
  • 内々定
備考
エントリーに際してご質問がありましたら、お問い合わせフォームをご利用ください。
↑Pagetop